PICKUP!

宮川サキのキャラクター大図鑑って?

宮川サキのキャラクター大図鑑とは、宮川サキが、作・演出・出演する短編オムニバスの一人芝居。
一作品で演じるのはただ一人、舞台上にもただ一人。けれど周りに相手が見えてくる独特の作品と、愛されるキャラクターは、宮川サキならではのもの。
2002年、活動開始。2014年からは様々なキャラクターとともに全国ツアーとしてスタート。
毎年増え続けるキャラクターは、各地でリピートするファン増加中。
キャラクターの紹介ページを作りました。ぜひ、あなたのお気に入りを見つけてください。

宮川サキキャラクター大図鑑2019

宮川サキのキャラクター大図鑑2019のツアースケジュール大公開!

チケット発売は2019年2月16日(土)10:00~!チケット発売イベントも行います。

チケット発売イベント!~2019年上巻~

『宮川サキのキャラクター大図鑑2019』上巻(三重編山口編福岡・博多編東京編①)のチケット発売イベントを開催します!!YouTube・LIVE配信あり、応援ゲストあり、初日予約特典ありと盛り沢山なお祭りイベント♪ぜひ一緒に盛り上げてください!

クラウドファンディングの目標額を達成いたしました!

今回、初めて挑戦いたしましたクラウドファンディングは、無事に目標額を達成いたしました。

 『宮川サキのキャラクター大図鑑2018下巻』全国ツアー支援プロジェクト

ご支援いただいた方々、応援いただいた方々、シェアなどしていただいた方々に感謝いたします。

メディア公開情報!

ステージナタリーにご紹介いただきました!
 「宮川サキのキャラクター大図鑑」上巻で三重・山口・福岡・東京へ、コラボ企画も
チャンネルぴあ関西版WEBにコメント動画が公開されました!
 全国ツアー開催中!『宮川サキのキャラクター大図鑑2018 上巻』

Twitter

COMMENT

応援コメント~横山拓也~

電車内や町中で、挙動が不思議な人がいたらチラチラ見るでしょう。
観劇は、人のことを生でジロジロ見ることが許される貴重な時間。役者はその視線を一身に引き受けるわけで、それが一人芝居となれば、その熱はどんなものなのだろう。
サキさん、沸騰して吹き零れないように気をつけて。僕も熱視線を注ぐ観客の一人だけど。
《横山拓也(iaku)》

応援コメント~南参~

3年ほど前、札幌の短編演劇祭ではじめて宮川サキを見た。
私は審査員として先に脚本を読んでいて、そこに書かれた台詞にあっという間に取り込まれたのだけど、実際の舞台はその期待値をやすやすと超えました。
そしてサキやんの存在感に圧倒されたのでした。それから札幌へのツアーを待ちわびて早3年。ご近所にサキやんが来る皆さん、ずるいです。
《南参(yhs)》

応援コメント
~チャーハン・ラモーン~

毎年、定期的に「一人芝居」をしている俳優って何人いるんだろ?世界的に観ても珍しいんじゃない?
その中で関西弁で尼崎のオバちゃんを演じて、笑わせて、泣かせたりするのなんてサキさんぐらいじゃないでしょうか。
当たり前のように、観客の前、一人で照明を浴びているサキさんはただただカッコいいです。すみません、真面目に書いてしまいました。
《チャーハン・ラモーン(デザイナー)》

応援コメント~桂九雀~

落語をやってる身として「演劇に敵わないなぁ」と感じるのは、役者同士のぶつかり合いです。
台詞のぶつかり合い。肉体のぶつかり合い。一人芸では不可能ですから。だから、「一人芝居なんて物は見たくない」これが本音。
ところが、サキちゃんのネタは、一人でやってるのに、相手が見えてくる、そして、ちゃんとぶつかってるやないですか。これって、どういうこと? 解明できるまで、見続けますよ、私は。
《桂九雀(落語家)》